沖縄空手道無想会
「同志の集い」規約


第1条.「同志の集い」要旨

1項.沖縄空手道無想会「同志の集い」(以下、集い)は、沖縄空手道無想会(以下、無想会)の修行に邁進する志を持つ個人(以下、同志)が、近隣に無想会の道場や同好会が存在しない際に、継続的に正しい無想会の修行を行なうために存在するものとする。

2項.集いにおける活動は、第2条の1-4項に述べる必要書類と年会費を納入して同志と認められた者のみが、無想会の修行・鍛錬を行なえるものとする。正規な同志以外の修行・鍛錬などの活動は、これを認めない。

3項.同志の参加手続き終了後、無想会本部(以下、本部)はHP上で姓名(匿名可)を発表する。

4項.同志は本部並びに、当該同好会・支部と協力して活動を行う。

5項.同志は1項の目的を達成するために、最高師範直伝講習会の開催・参加、段級位の確立、個人の実力向上、同好会への昇格、本部道場での特別鍛錬など、本部の方針に沿って普及活動に協力する。

6項.同志は、自らの技能向上に関する一切の責任を持つ。なお同志の技能の維持・向上のために、本部は可能な限りの応援と協力をする義務を有する。

7項.同志はその所在地などに変更があった場合、本部にその旨を至急届け出る義務を有する。

8項.集いを脱退する場合には、本部にその旨を届け出ること。

9項.本部は同志が前条項の義務を怠った場合、同志としての資格停止、かつ同志認可を取り消すことがある。


第2条.「同志の集い」への参加と義務

1項.集いへの参加は、参加希望者が「参加申し込み・誓約書」に必要事項を記入、そして署名・捺印し、4項に記されている年会費の納入などの必要事項を満たして本部へ申請する。

2項.本部が「参加申し込み・誓約書」、ならびに年会費の納入を確認して参加を許可をした後に、申込者は同志となることが出来る。

3項.以上の手続きが完了した後に、申込者は正式な同志として本部HP上にて発表される(匿名可)。

4項.同志は年会費を、個人の責任にて本部道場に収めなければならない。年会費はUS$100、または日本円1万円である。年会費は、納入した時点より一年間有効となる。なお、年会費は如何なる理由でも払い戻しは不可とする。年会費を2 ヶ月以上滞納し、事務局からの督促に応じないときは自動退会となる。
  第1号.USドルでの支払い方法
  USドルによる支払いは、本部ホームペイジ上のPay Palにて支払うことが出来る。
  
  第2号.日本円での支払い方法
  日本円による支払いは以下の通りとなる。
入金方法
振込先名称:OKINAWA KARATE-DO CENTER
            オキナワカラテドウセンター
銀行名:ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行から送金の場合
記号:19060
番号:44690561

他金融機関から振込の場合
店名:908
預金種目:普通預金
口座番号:4469056


5項.同志が、同好会を設立させる。あるいは近隣に同好会が設立され入会した場合には、同志は同好会へ所属することとなる。同志は同好会所属後は、同好会の一員として活動する。


第3条.同志の特典

1項.将来的に無想会本部で各会員に対して、会員証明書を発行する予定である。その際に同志には、同志・会員証明書が本部から発行される。

2項.集いが一定の人数(通常2名)をこえた場合は、同好会に昇格できる資格を有する。その際に、同志が資格を保持していた場合には、同好会代表に昇格する場合も有する。同好会設立、代表昇格に関しては、最高師範の判断に委ねる。

3項.同志には日本国内並びに、世界各地で行なわれる「最高師範直伝講習会」の受講料の割引きがある。

4項.同志は最高師範直伝講習会が開催され、同志・会員のみを対象として行なわれる特別講習が行なわれた際には、特別講習を受ける資格を有する。

5項.同志が本部道場で修業する際には、稽古料の割引きがある。

6項.将来的に、無想会は演武会を主催する。その際においては、同志は参加する可能性を有する。さらに将来的には無想会空手道選手権大会、ならびに硬式空手道選手権大会を開催する可能性もある。その際に同志が参加する場合には、割引きがある。

7項.同志は別に定める指導員派遣規定(有料)により、指導員の派遣を本部に同志特別割引にて要請することができる。

8項.同志は、本部の基準による昇級・昇段審査を受けることができる。
同志は最高師範直伝講習会への参加、将来的に行なわれる予定の合宿などの出席回数、そして各所の同好会によって行なわれる稽古会への出席回数の頻度などによって、無想会の昇級審査を受ける資格を有する。なお、無想会における昇級・昇段は、すべて会長・最高師範の審査・考査によって行なわれる。

9項.級・段証書
昇級・昇段審査、考査に合格した同志は、本部発行の昇級・昇段証書を授与されるものとする。


以上


2012年7月1日発令